X



くまんこっ! Part2

0002名無しさん
垢版 |
2023/06/08(木) 17:04:33.08ID:5azPV5c30
「お、お義父様……。あ、あまりじろじろ見ないでください……」
 クンニをせがんでおいて、それは無理な相談だ。
 恥丘に生える陰毛は慎ましく、淫蜜を漏らす薄桃色の膣口を、肉薄の女唇が可憐に飾っている。
 膝を進めて顔を寄せると、芳醇な発酵臭が鼻孔を突いた。
(これが瑞希さんの……。形の崩れも色素沈着もさほどない、綺麗なオマンコだ。ああ、あんなに汁を垂らして、可哀想に……)
 誠司は震える内腿に手を添え、舌を伸ばして息子嫁の恥蜜を掬い取った。
 舌先に鋭い酸味が走り、瑞希が甲高い嬌声をあげる。
「はうぅんっ。ああ、イイっ。お、お義父さまぁ」途端、瑞希の柳腰が大きく跳ねた。
「はあぁんっ。ああ、お、お義父様っ。そ、そこぉ……っ」
「んふぅ、ちろ、てろろ……。やっぱり感じるんだね。マンコがピクピクしているよ。よっぽどここが好きなのかな。んふぅ、ちろ、れろろ……」
「す、好きだなんて……。あふっ、んん、んくぅん。そ、そこは敏感だから、刺激が強くて、ああ、わ、私……」
「イケそうなら、我慢せずにイキなさい。ぬちゅ、ちゅぴ、てろろろ……」
「ああぁぁ、そ、そんな……。ああ、だ、駄目。し、痺れて……。ああ、お義父様。私、わたしぃ……。んはあぁぁぁぁ……っ!」
0003名無しさん
垢版 |
2023/06/09(金) 15:04:46.96ID:YXDgv3bZ0
「はぁン…………」
白い愛液で染まった肉刀が柄本まで埋め込まれる。いつ夫が目を覚ますかも知れないのに、兄嫁は無意識に腰を突き出してびくん、びくんとふしだらに痙攣する。かろうじて薄目は開けているが、もう眩い火花以外はなにも見えない。かっかと熱い亀頭冠が射精したそうに子宮口へはまり込んでくると、妖しく胸が高鳴って自ら大股開きをキープしてしまう。
「このまま出していいよな、絵麻。オマ×コの奥にドクドク出されてイクとこを、大好きな兄貴に見てもらおうぜ。な?」
「だめェッ、あっ、あ、んぅ……っ、それ……だけはぁっ、ゆるしてェ、ああッ」
0004名無しさん
垢版 |
2023/06/13(火) 07:42:12.91ID:m/ZtgY3R0
有紀の手首を掴んでいた手が離され、代わりに両手で腰を掴まれる。
「あッ、それは……んぅううッ」
 せめてもの抵抗の証として浩二の肩を掴んだ瞬間、女壺に重い一撃がきた。
(な……なにこれ……さっきよりも……お、奥を……)
 腰を引き寄せられた状態で突き入れられると、淫部が陰茎に押し潰される。
 それは肉の杭だった。有紀の身体に一生忘れられないだろう衝撃を与える、性の楔だった。
「ひッ……あッ、おッ……や、だ……これ、だ、めぇ……あぁッ」
0005名無しさん
垢版 |
2023/06/21(水) 16:56:55.57ID:FU9LOXHb0
再度固くなった私は本能的に向きを変えた妹の背後に添い寝をするように横になり胸と秘部を交互にまさぐりながら男根を妹のヌルヌルの秘部にふたをするように当てて擦り、入れようとするとお尻を強烈に動かし、強く拒絶反応を示しました。
 でも私も、勃起したものでぬかるんでいる粘膜に当てるだけ、つまりスマタだよ、という安心感を与え 入り口を擦るという動作を続けました。
 手は胸をもみながらです。
 ずっとそうしていると、妹が頭を上下左右にゆらゆらと激しく動き始めるという新たな動きが始まりました。
 体もぐったりして力が抜けたようになってました。
 それまで勃起したものを粘膜にフタをするように前後に擦り、動作を繰り返し、入り口に当てても当てるだけという安心感を何度も何度も与えて、いわば騙したのですが、最後の当てるだけというしぐさをする時、先端を妹の秘部の口に当てて、そして右手で腰をつかみ一気にナニをねじ伏せるように押し込み挿入させました。
 突然の事でお尻をねじるような抵抗はみせたのですが既に気が行ってしまい言うことが聞かなくなる程になった体では抵抗も出来ませんでした。一瞬の隙をつき一気に力で挿入しましたので完全に根元まで入ってしまいました。
0006名無しさん
垢版 |
2023/06/22(木) 09:39:53.59ID:OQfcgYdz0
罪悪感に鋭く胸を噛まれつつ、テラテラした亀頭を口に含んでいく。
全身がざわざわ鳥肌立ち、恥辱に脳が灼けそうだ。
それでも首を振り、少しまた少し奥へと呑みこんでゆくにつれ、嫌悪感にも馴れて、鳥肌もおさまった。淫猥なリズムに乗って唾液をはじかせ、勃起全体へ柔らかな紅唇をすべらせる。
「あー、いいよ。超気持ちいい。アー、弓香先生のおしゃぶり、たまんないよ」
頭上で渡真利がうっとりしきった声で何度も繰りかえしている。
その声を聞いていると不思議に弓香自身の肌もカッと火照る。ペニスの根元にからめた指をせっせと動かし、すっぽりかぶせた唇ではキュッキュッと茎胴を巻き締める。
0007名無しさん
垢版 |
2023/06/23(金) 18:19:08.72ID:0JfL4WpyA
すぼめた俊介の唇が、肉芽にとどめを刺した。チュッと力強く吸い上げると、紗和子の裸身がギリギリとしなる。
「あひいいッ」
 絶叫とともに紗和子の腰が弾けた。高速で上下する股間の奥からブシュッと水音が漏れると、たちまちに放物線を描いていやらしい汁が撒き散らされる。
「ひーーーッ!」
「ふふっ サービス精神旺盛な生け花の先生だぜ」
 官能の炎にくるまれて、紗和子は何も考えることができなかった。潮を噴き終えても、紗和子の腰はガックンガックンと痙攣し、畳に衝突し続ける。
0008名無しさん
垢版 |
2023/06/24(土) 15:32:02.04ID:zFmmTosM0
「ひひ、なんて姿だよ、義母さん。とても生け花の先生とは思えないエロさだ。乳首なんて、コリコリじゃないか」
 俊介は、肉芽を舐めつつ紗和子の乳房を荒々しく揉み込んだ。同時に指先で乳首を摘まみ、ギリギリと圧迫すると、紗和子の裸身がいっそう小刻みに痙攣する。
「あひッ……乳首は、だめえッ……ああッ……もう、ゆるしてッ……もう、だめですッ……ひいいッ」
「ビンビンの乳首にトロトロのマ×コ。どれだけセックスがしたかったのか、わかるってもんだ」
0009名無しさん
垢版 |
2023/06/30(金) 23:09:53.35ID:tOUIozDW0
「いいんですね……?」
「お願い……欲しいの。そのままでいいから……」
 雅彦は自身の怒張を握り、切っ先を濡れた秘裂に押し当てた。我慢の限界だった。
「んっ……」
 秋子も汗の滲む豊満なヒップを浮かせ、挿入しやすいよう手伝う。男女の交合を心得たその動きが、この上なく肉欲をかき立てる。
 雅彦は臀部の狭間に潜り込ませるようにして、ゆっくりと腰を繰り出した。大きく張った肉傘が、温かく濡れた肉襞を掻き分け、奥へ奥へと押し入ってゆく。
「あっ、あはぁっ……入ってくる……っ!」
0010名無しさん
垢版 |
2023/07/11(火) 14:57:50.02ID:yLbxwOcU0
(-。-)y-゚゚゚zzz…  (*_*)y- アチ!
0012名無しさん
垢版 |
2023/07/12(水) 19:35:46.24ID:AApGezaU0
 @・・・・陰間と衆道
 奈良・平安時代には仏教の広まりとともに、寺院での男色もかなり広まったと考えら
れている。奈良時代には貴族の子弟が寺院に入り、僧の身の回りの世話などをすること
が制度として確立した。男色の対象とされた少年達は、元々は稚児として、寺に入った
者ら達である。彼らは有髪の少年は寺稚児、垂髪、渇食などと呼ばれた。こうした稚児
を寵愛する風習は、奈良時代以降から、かなり仏教界に広まっていた。天台宗などでは
僧と稚児の初夜の前に行われる「稚児灌頂(ちごかんじょう)」という儀式があった。
稲垣足穂『少年愛の美学』に詳しくかく。灌頂を受けた稚児は観音菩薩の化身とされ、
僧侶は、灌頂を受けた稚児とのみ性交が許された。寺社内での男色を知る貴重な資料に
、平安時代に成立したとされ、稚児灌頂について記された『弘児聖教秘伝』や、大分後
のもので、京都醍醐寺所蔵の「稚児之草紙絵巻」(元享元年鎌倉末期)などが存在する。
奈良時代には、めぼしい男色の記録はないが『万葉集』には、大伴家持らの男性に宛て
た。と、思われる恋愛を詠んだ和歌が、多数収められている。また、奈良時代後期には
孝謙天皇の、皇太子に立てられていた皇族・道祖王が「先帝(聖武天皇)の喪中である
にもかかわらず、侍童と姦淫をなし、先帝への服喪の礼を失した。」などの理由で廃嫡
に追い込まれた。との記録がある。つまり男色には、ちゃんと掟や決まりがあってその
行為で、皇太子さえも廃位させられたのだ。平安時代末期には、この風習の男色の流行
が公家にも及んだ、その片鱗は、例えば、複数の男色関係を明言している時の権力者の
藤原頼長(平安時代末期)の日記『台記』に窺える。また源義経(平安時代末期- 鎌倉
時代初期)と、武蔵坊弁慶や佐藤継信・佐藤忠信兄弟との主従関係に、制度的な片鱗を
見出す説がある。北畠親房(鎌倉時代後期- 南北朝時代)は『神皇正統記』で、男色の
流行に言及しており、その頃にも流行していた証拠とされている。14世紀(鎌倉末期-
室町初期)に成立したと推定されている『稚児観音縁起』には稚児と僧の関系が描かれ
ている。
0013名無しさん
垢版 |
2023/07/12(水) 19:36:23.13ID:AApGezaU0
 A・・・・陰間と衆道
 その後、平安末期には武士社会は台頭していたが、中世室町時代には武士の間で男色
が盛んになり、その主従関係の価値観と重ね合わせられた。後にこの関係は「衆道」と
呼ばれた(後述)。三代将軍・足利義満は、能役者の世阿弥が少年だった頃、彼を寵愛
したようだ。この二人の男色関係は、芸能の発展において多大な影響を与えたとされて
いる。また六代将軍・足利義教は、赤松貞村という武士を愛して領地を加増した。その
後、同族の赤松満祐に これを不満に思われたことも理由の一つとなり、義教は、暗殺
された。八代将軍・足利義政は有馬持家、烏丸資任ら寵童を側に置いた。その他の武士
にも男色を風雅の道として行う者がいた。この時代に成立した能や狂言には、男色が、
とても多く取り入れられており、代表的なものに『菊慈童』、『花月』などがあるとい
う。また『幻夢物語』、『嵯峨物語』、『鳥辺山物語』などの稚児物語が多くつくられ
、内容は公家や寺院におけるものが多くを占める。これは物語をつくる能力が、公家ら
に独占されていたからだとされ、武士の間で男色が少なかったことを意味してはいない
。しかし、この衆道も、戦国時代の随筆「梧窓漫筆」に、「戦国の時には男色盛んに行
なはれ、寵童の中より、大剛の勇士多く出づ。」とあるように、戦国時代には、武士の
男色がますます盛んになった。戦国大名が小姓を男色の対象とした例は数多く見られ、
織田信長(1534年)と前田利家・森成利(蘭丸)の例は有名だ。他も、武田信玄(1521年)
と姓不詳の小姓・源助(信玄は源助に対し別の小姓・弥七郎との関係を否定する起請文
を提出している)。上杉景勝(1556年)と清野長範、伊達政宗(1567年)と片倉重綱・只野
作十郎(政宗から浮気を疑われた作十郎は疑いを晴らす為、自ら腕を刀で突き血でした
ためた起請文を送っている)、豊臣秀次(1568年)とその美貌が後世まで語り継がれる、
不破万作などが有名な例として挙げられる。武士道と男色は矛盾するものとは考えられ
ておらず、後の江戸時代中期に出された武士道について説いた『葉隠』にも、男色を行
う際の心得を説く一章がある。しかし衆道では浮気は法度らしく、死を意味した。
0014名無しさん
垢版 |
2023/07/12(水) 19:36:59.18ID:AApGezaU0
 B・・・・陰間と衆道
 不思議なのは、女性の大奥などは 家系存続子孫繁栄から 後妻や妾は何人でも許容
されたが、男妾だと本妾の許可が必要だったし、一人しか出来なかった事だ。1549年に
来日したフランシスコ・ザビエルは日本人を賞賛しながらも、許すことができない罪悪
として、男色を挙げていた。ザビエルを保護し、布教を許した山口の大名、大内義隆が
最も陰茎が大きく痛かったらしく、更に彼の持った、陰間美少年の数の多さに驚き嘆い
ている。大内も、当初はザビエルに、男色などを非難されたことに立腹して、この布教
の許可は直ぐに取り消された。また、天正7年(1579年)に、初来日したイタリア宣教
師、アレッサンドロ・ヴァリニャーノは、日本人に見られる罪悪は、色欲に耽(ふけ)
ることだとして、特に男色については、「彼らはそれを重大なことと、考えていないか
ら、若衆たちも関係のある相手も、これを誇りとし、公然と口にし語られ、隠そうとは
しない。」と書いている。時代は江戸初期に 跨(またが)るが、元和5(1619)年に、
来日したフランソワ・カロンも、「貴族の中には、僧侶並に、男色に汚れている者が、
多くあるが、彼らは、これを罪とも恥ともしない。」と言っている。これが日本の現状
だった。しかし、これらの批判は結構に不思議な事だ。宣教師群の男色は公認されて、
各国各所に物語があるからだ。聖書の『コリント人への第一の手紙』では、正しくない
者として、盗むもの、偶像を礼拝する者などと同列で、男娼となる者、男色をする者と
書かれてはいるものの。しかし、実際、同性愛禁止の法律があった国が多くあって同性
愛が蔓延していたのである。「ポーランドでは、同性愛禁止の法律がなかった稀な国」
と表現されたが、同性愛禁止の国の多くは、「肛門性交は17歳以上から」と年齢が定め
られている国であったのだ。と言うのも女子も男子も寄宿舎で、集められた教育が多く
同性愛がはびこる風習が、兵士の教育に流用されていたのだ。つまり尻繋がりが友情の
証しだった。宣教師達で問題視されたのは、男色よりは、少年少女の幼児虐待としての
視点での告白であった。つまりこれは、男色家は多く、処罰の対象でなかったのだ。
0017名無しさん
垢版 |
2023/09/08(金) 23:07:05.60ID:WxlcbUcc0
なんとか楽しいことないかな
0018名無しさん
垢版 |
2023/09/12(火) 22:39:41.71ID:ep3ygdAv0
マジ━━(;・ω・);・ω・);・ω・);・ω・)━━ィッ!?
0019名無しさん
垢版 |
2023/09/21(木) 07:09:00.19ID:ce8bFWFJ0
あほなこと言うなや!
0020名無しさん
垢版 |
2023/09/22(金) 06:54:43.08ID:7A1hten+0
なんで私がこんなことしないといけないのさ
0021名無しさん
垢版 |
2023/09/28(木) 17:27:14.62ID:FRAUkqFd0
∑(-x-;)ナ、ナニッ?!
0022名無しさん
垢版 |
2023/09/29(金) 08:25:34.72ID:my4YlzJh0
なんでやねん、意味がわからん
0024名無しさん
垢版 |
2023/09/30(土) 01:37:26.15ID:9UpgZ/570
あの音楽フェス、みんなでワイワイ楽しむ感じが最高やな
0025名無しさん
垢版 |
2023/09/30(土) 05:34:15.15ID:/Sgvq7l80
∑(゜Д゜)バレタ??
0026名無しさん
垢版 |
2023/10/01(日) 23:44:11.99ID:S99IsgXv0
○Oo。―y(´▽`*) ハフゥー
0029名無しさん
垢版 |
2023/10/02(月) 10:44:55.63ID:xnIUcmVY0
ポロッ(;゚Д゚)yヾ_(--;)ハイザラハイザラ・・・
0030名無しさん
垢版 |
2023/10/02(月) 12:21:53.36ID:W8rXoTZ50
ゲホッゲホ(><。)y-゜゜゜
0032名無しさん
垢版 |
2023/10/02(月) 20:21:26.30ID:UzkFYHQf0
さっき、アノ駅でおんねんじゃろ?
0033名無しさん
垢版 |
2023/10/02(月) 21:04:18.24ID:lvyiJ7JL0
♪~( ̄。 ̄ )ボー...アッ!∑ヾ( ̄□ ̄)ツ ガットシタ!!
0034名無しさん
垢版 |
2023/10/02(月) 21:19:22.09ID:w6eRxy/e0
何でお前ら2人が一緒にいるんだよ
0035名無しさん
垢版 |
2023/10/02(月) 21:34:09.73ID:3xQ8hO560
ヤフオクで転売された
0037名無しさん
垢版 |
2023/10/05(木) 19:23:19.28ID:KyFhL6fV0
工工エエエエェェェェェヽ(゚Д゚;)ノ゙ェェェェエエエエ工工
0040名無しさん
垢版 |
2023/10/06(金) 10:17:58.80ID:IUVY2Lej0
なんや、また新しいカフェできたんか?
0041名無しさん
垢版 |
2023/10/07(土) 13:09:23.71ID:k6KDvsUh0
う〇こ我慢しながら歩いてる友達が武道の達人みたいでワロタ
0042名無しさん
垢版 |
2023/10/07(土) 21:39:47.13ID:OJ02BVWS0
Σ(=∇=ノノヒィッッー!!
0043名無しさん
垢版 |
2023/10/08(日) 09:51:42.25ID:f6QVmv0a0
ほら、野菜嫌いでも食べろ。だからお前の大好物と一緒に出したんだろ?
0044名無しさん
垢版 |
2023/10/08(日) 21:52:42.96ID:DqsbJ5DX0
お前、返却ボタン押すのやめれ!
0045名無しさん
垢版 |
2023/10/11(水) 15:40:37.91ID:09aqzqBj0
世界のオタクを統括する妄想によって造られた対萌え生命体ヒューマノイド・インターフェース、それがわたし
0046名無しさん
垢版 |
2023/10/11(水) 22:15:56.09ID:mZxXDdcb0
オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!
0047名無しさん
垢版 |
2023/10/11(水) 22:50:52.52ID:Vuu2iJG00
俺がやったドーピングは努力だけだ
0048名無しさん
垢版 |
2023/10/12(木) 06:22:06.75ID:GgzP0Gwl0
もうちょっとエキサイティングなこと、したいな
0049名無しさん
垢版 |
2023/10/16(月) 10:33:58.49ID:FvlfxF5z0
感無量だね、涙が出ちゃう!
0051名無しさん
垢版 |
2023/10/19(木) 02:04:02.49ID:VXtKAy4k0
これ、雪降ったら絶対ええやつやねぇ
レスを投稿する


ニューススポーツなんでも実況