メンヘルだけど小説を書いている方のスレ14枚目

1優しい名無しさん2018/09/28(金) 12:34:53.08ID:xeSwUp00
書ける時に書きたい物を書ける様に書いてりゃ、それでえーやんけ。

★前スレ
メンヘルだけど小説を書いている方のスレ6枚目
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/mental/1523273233/

240優しい名無しさん2018/11/09(金) 22:33:03.46ID:xmcKW0e1
みんなどうやって作り始めてるの?
プロット?

241優しい名無しさん2018/11/10(土) 02:38:31.01ID:vSUzYGlA
とりあえず思いついたら書き出してみる
それがプロットになることもあるし、本編になることもある

242優しい名無しさん2018/11/10(土) 03:50:36.05ID:iT2zFnFN
みんな偉いな
俺は漫画だが
がんばろう

243優しい名無しさん2018/11/10(土) 19:43:00.55ID:BAbwaXB/
保守

244優しい名無しさん2018/11/11(日) 02:23:40.76ID:Q1qOMiNO
保湿

245優しい名無しさん2018/11/11(日) 21:08:05.01ID:fm/zImnf
さて、某賞は今年もあるようなので
書く意識をアゲていって取りかからねば

246優しい名無しさん2018/11/11(日) 21:24:36.75ID:7WPrbJ54
無為に生きて、アップデートされない毎日で
唯一確かに進んでいくものが小説だけで
きっとそれも長くは続かない。

247優しい名無しさん2018/11/11(日) 22:15:11.22ID:kvbAN0Tu
いいのよ、今だけの逃げ道で

248優しい名無しさん2018/11/12(月) 02:17:17.66ID:7lV8sYyz
明日は月曜

249優しい名無しさん2018/11/12(月) 12:44:13.48ID:V1Xc1E/V
保温

250優しい名無しさん2018/11/12(月) 20:11:36.20ID:yjv3D8wj
保守より優しい感じだな保温とか保湿
何かほっこりした有難う

頭の中では全部良い感じに出来上がってるのに書くとなるともうダメダメだ
頭も痛いし具合も悪くなったしもう寝よう
今日を乗り切った方、お疲れ様でしたお休みなさい

251優しい名無しさん2018/11/13(火) 01:44:08.92ID:bZ9VHMDx
今日辛くない?いつもより

252優しい名無しさん2018/11/13(火) 03:28:22.53ID:CSFN1fMO
今日すごい眠かった

253優しい名無しさん2018/11/13(火) 09:29:33.48ID:u+jl6vc0
久しぶりにワード開けたらなんか変わってる…
更新されたのか?
せっかく使いやすく設定しといたのによォ!

254優しい名無しさん2018/11/13(火) 13:41:08.22ID:Wvo35owI
みんなのおすすめの小説、作家教えてくれ
ただ保守するより生産的でしょ

255優しい名無しさん2018/11/13(火) 15:58:35.55ID:kXjiGQ5K
体調が妙に変な感じで、書くどころか普通にしてるのもしんどい
寒気が来たせいなのかな

本自体なら好きな分野のものをけっこう読んでいるけど、現代小説読んでないわw
読みたいものを自分で書いているという面もあるかも

256優しい名無しさん2018/11/13(火) 16:12:18.70ID:5AfNGTR9
自分は風邪ひいたよ…みんなもお大事に

好きな作家か
殊能将之とか乙一とか海外作家だとブコウスキーとかが好きだ
気に入った作家の本しか読まないから何でも手広くって感じじゃないんだよなぁ
作風広げるためには色々読んだほうがいいんだろうけど

257優しい名無しさん2018/11/13(火) 17:48:09.89ID:KO0xXiSd
鬱になってから全然本読んでないや。読めなくなったんだ
前は読書好きだったのに悲しい
好きな本は丸山健二の「千日の瑠璃」
これ文字通り千日間休むことなく毎日書いてるんだ
まほろ町に住む肢体不自由児の世一が主人公
でも語られる主語は毎日違う
わたしは風だ
わたしは怠惰だ
わたしは躊躇いだ
って感じで一話は2頁ほど
鮮烈で痛烈な文章で圧倒された
それに毎日書くって凄い
丸山健二本人は嫌いだけどストイックに自分を追い詰めたこの本は好き

258優しい名無しさん2018/11/14(水) 02:23:07.70ID:fBghjtEZ
好きな小説家…うーんうーん
宮部みゆきの時代小説が好きかな
ちょっと怖い感じの…
基本ホラー大好き民なのでキングも読みたいけど病んでるときにあの細かい描写きつい

あとSFも好きなんで気付くと翻訳SFものばかり手に取ってて…
もっと現代日本もの読んだほうがいいのかな?

259優しい名無しさん2018/11/14(水) 16:44:07.46ID:QiGHPfYn
江戸川乱歩、芥川龍之介、京極夏彦、宮部みゆき、長野まゆみ、宮沢賢治、
上遠野浩平、あとSFのショートショートで有名な人
詩歌なら若山牧水、種田山頭火、北園克衛とかかな
作家読みもあるけど表紙買いや作品買いもあるからかなりばらける
病んでから本を読むのが困難になったので新規開拓できんのはヤバイなと思ってるわ

260優しい名無しさん2018/11/14(水) 19:34:07.59ID:hpeIWWdL
平山夢明、森博嗣、ディック
ノベルゲームだけど、さよならを教えて

ラノベ書いてる人が多いと思ってたけどミステリが人気だね
新規開拓できないとか読みたい小説がないから書いてるっていうのはよくわかる

261優しい名無しさん2018/11/15(木) 02:20:27.44ID:AhbEaGhL
>>260
ここで「さよならを教えて」の名前を見るとは思わなかった。自分もそういうゲームやってて、元長柾木作品が好き。個人的に一番好きなのは「sense off」
作家で好きなのは茨木のり子で、詩集を待ち時間とかによく読んでる
書いてて思ったけど、ちゃんとした小説はあんまり読んでないな

262優しい名無しさん2018/11/15(木) 03:05:34.66ID:dIolot/p
ちゃんとした小説の定義とはー!

すいません大学の先生が皆定義とかに煩い先生方だった(またそういう専門だったしなー)からなんか曖昧な感じだと言いたくなる
結構好きだった先生は街頭演説の大企業という言葉に反応して大企業とは何人規模からですかと絡んでいたという逸話が

263優しい名無しさん2018/11/15(木) 11:10:21.76ID:154lqr/G
定義の話は難しい。

264優しい名無しさん2018/11/15(木) 12:30:44.39ID:FDecJ5cR
しつこいとただの難癖野郎になるしな

265優しい名無しさん2018/11/15(木) 14:08:30.92ID:V1AuUkJa
>>262
中小企業の定義はあるんだから大企業もそここら導けるよね。先生が無知なんじゃないの

266優しい名無しさん2018/11/15(木) 17:51:24.65ID:O69Faa20
新しく本読む気力がなくてもう読んだのを何回も読み返してる

267優しい名無しさん2018/11/15(木) 19:41:36.42ID:nIb7utKc
一度読んだ事ある本は読めるの分かる
映画も未見はダメだけど見たことあるのは大丈夫
これ何なんだろね?
新しい情報入れるのハードル高い

268優しい名無しさん2018/11/15(木) 21:59:35.36ID:i/bmpDhK
展開に詰まってずっと止まってたけど
3ヶ月ぶりに1話分だけプロット書き終えることができました

この調子であとは残る最終回のプロットを書ければいよいよ執筆開始だわ
投稿予定日には間に合いそうだ

269優しい名無しさん2018/11/15(木) 22:15:21.33ID:NDHncHj8
整合性ばかりを気にしすぎて
ストーリー展開がこじんまりしてしまう現象

270優しい名無しさん2018/11/16(金) 01:30:35.54ID:8awLtWp6
しかし整合性を蔑ろにするとリアリティーがなあ…

271優しい名無しさん2018/11/16(金) 10:39:16.09ID:XYCcPbFu
そういう話で、少し前ネットで流行った画像あったよね
漫画家さんと編集さんの話で、矛盾を気にしすぎる作家はつまらないってやつ
どんなだったか忘れたけど、火事だと一酸化炭素中毒が!とか、2階から飛び降りたら怪我するでしょ!とかそんな感じのやつ

272優しい名無しさん2018/11/16(金) 11:05:15.03ID:T3yaf6a3
主にミステリを書いてるので、整合性はどうしても無視できない
後から読み直して小さな可能性も潰すために設定を追加することも多い
突っ込まれた時の用心で、作中では解説もしないんだけどね
他人の作品も、整合性を無視した展開なんかにうんざりするタイプ
正直、矛盾に早くから気づいて読んでる話に全く乗れなくなってしまうことが多い
主戦場がミステリ故の職業病かな?

273優しい名無しさん2018/11/16(金) 11:49:55.88ID:DSl/QXFr
その、多くの人が話に入っていけるかいけないか、が整合性のラインなんだろうね

ミステリやSFだと読み手もそれなりの知識があり意識して読んでいることが多いから、
整合性取れてないと途中で放り出されかねない面があるかも
ファンタジー系なら、ストーリーに深く係らないなら気付かす気にせず読めるとか、
ジャンルによってもラインは違うだろうけど

274優しい名無しさん2018/11/16(金) 11:55:24.84ID:g/VX+4nu
統合性意識したら勢いがなくなる気がしてよっぽどひどい矛盾(その場にいないキャラが喋ってるとか)
そういうのじゃない限りはあまり気にしてないかなぁ…
賞とかに出さず完全に趣味でやってるから言えることかもしれないけどね

275優しい名無しさん2018/11/16(金) 12:46:01.76ID:XYCcPbFu
整合性やリアリティは大切だけど、派手な事件を起こしづらくなるってのは常々思う
建物の爆破とかみたいな派手な展開には惹かれるけど
「犯人はどうやって爆弾造ったの?すぐ足がつくよね?」とか
「どんな理屈の爆弾なの?水蒸気爆発や粉塵爆発みたいな炸裂系?テルミット反応みたいな超高温系?その威力は?」とか
考えだしたら、犯人がわざわざ手間かけて建物を爆破するメリットはあるのか?という疑問に行き着き、その結果……

276優しい名無しさん2018/11/16(金) 13:22:17.43ID:T3yaf6a3
全く考える順序が逆だわ
建物を爆破しなければならない充分な動機がなければ、まずそんなことは考えない
それだけの話

277優しい名無しさん2018/11/16(金) 14:30:44.56ID:VcE1Ih81
賞応募の場合整合性は重要になるし、サイトアップの場合勢いの方が重要度が勝る、
という違いもありそうな

278優しい名無しさん2018/11/16(金) 15:39:29.38ID:EnRrhaNV
>>276
順番が逆でも、とにかくそういう動機との整合性やリアリティ重視だと
そもそも建物爆破みたいな派手な展開に転がっていかないよねって話じゃない?

俺は順番的には爆破から考えるタイプだけど、爆破する必然性を詰めていくのがパズルみたいで楽しいんだけどな

279優しい名無しさん2018/11/16(金) 19:29:36.76ID:qoaI1ggC
>>278
プロットとか適当にやってあとで苦労しそうなタイプに見えるが

280優しい名無しさん2018/11/16(金) 20:56:37.32ID:PdBPpmN3
有名な脚本家が言うには
プロットは作家のやりたいことで物語はキャラクタのやりたいことらしい

プロットの段階で欲張って、執筆段階で辻褄合わせるって人のが多いのかも

281優しい名無しさん2018/11/16(金) 21:03:42.24ID:9dYFS8eF
結局自分が楽しく書ければ良いんじゃないんすか苦しむのも自分持ちなんだし
起承転結頭の中では詳細諸々決まってるけどやはり紙に一度書いてみた方が良いかな
まあ上手く書けずに放ったらかしてて全然進んでませんが

282優しい名無しさん2018/11/17(土) 04:36:01.81ID:TdAXxHCx
ふと思い出したこと
トランスフォーマーの監督(名前忘れた)が
宇宙での爆発シーンで宇宙には空気がないので爆発音はないのでは?
というツッコミに
うるせえ俺の宇宙は音がするんだよ!!
と言ったっていう(細部違うかも)

283優しい名無しさん2018/11/17(土) 21:48:46.78ID:QbYR9Vz4
ピュッww

284優しい名無しさん2018/11/18(日) 02:23:48.73ID:nAPNA46O
>>282
ドラえもん「小宇宙戦争」の漫画版でも
「この音は宇宙空間に響いたわけではなく、中にいるドラえもんたちが聞いたもの」
って但し書きがあった

285優しい名無しさん2018/11/18(日) 11:39:29.26ID:zM6dnewF
いい天気だぞ
お前ら外出ろよ

286優しい名無しさん2018/11/18(日) 16:52:19.32ID:u4eGREFD
相談です。話が長くなりますがご了承ください
まずは結論から。
『新人賞応募用を書くにしても、(見た目は大団円な結末でも)後付け設定を付け足せる余地まで考えて執筆なのすべきでしょうか?』

私は現在、執筆中の作品が切りのいいところまで書き終わったので、息抜きに新作の構想を考えている(新作に思いを馳せるこの作業が一番好きなので息抜きになる)のですが
硬めの学園ライトノベル(異能力だとかが出てこないような類いのジャンル)を考えています

ライトノベルと言うと、新人賞を取って出版まで漕ぎ着けても3巻で打ちきりというのが主流です
しかし、ライトノベル新人賞を受賞できるものは1巻できっちり伏線を全て回収する作品が大半だと聞いています
その後、2、3巻(大抵は3巻で打ち切り)に繋がるような後付け設定を加筆して出版すると聞いています

このスレの書き込みは一般小説に関するものが大半を占めていますが、ラノベ作家の方々がロムっている気配を節々に感じております
普段書き込んでくださっていらっしゃる方々はもちろん、この度はぜひ、ラノベ作家志望さまからロムらずに意見をお聞きできれば幸いです
レスへの全返信は私事でできないと思いますが、どうか参考までに皆様のお考えをお聞かせください。よろしくお願いいたします!

287優しい名無しさん2018/11/18(日) 17:55:36.23ID:gCxWovUL
ラノベ畑じゃないので深いところまでは分からないけど、
賞受賞後のことはそれぞれの新人賞出版社出版部署にもよるような
後のことを考える余裕があるほど出版社賞レースは甘くないから、
まずは全力で応募用の原稿に挑むのがベストと思うけど

288優しい名無しさん2018/11/18(日) 18:54:35.72ID:mPZGS56X
ラノベの設定とプロットを幾つか考えたことあるけど、取り敢えずシリーズ化は視野に入れてたな
忘れられた旧神の後を新神が支配してる世界で旧神の遺産である言霊を使ってバトルする、という設定で、一巻完結なんだけど、新たな言霊が再発見されると新章に入る、みたいなのとか
設定とか世界観で続けられるように考えたらどうかな?

289優しい名無しさん2018/11/19(月) 00:26:57.74ID:JsgfnAUU
ラノベ応募した経験でおもうに
一作でその作品を書ききって相手を唸らせたものが勝ちなんだと思うわ
そういう作品は完結してても今後どうなるんだ?続きを読みたい!と読み手に思わせるものだからな
それがプロだからだよ
賞に応募するなら今後の展開をチラチラ見せても無駄だ

漫画の読みきり作品はちゃんと読みきりだろ?完結してるだろ、それと同じ

290優しい名無しさん2018/11/19(月) 01:06:35.33ID:3qo5nAAY
取らぬ狸の皮算用
デビューした後の2巻とか考えないで面白い作品を書き上げるのが先でしょ

新着レスの表示
レスを投稿する