我々はどうやって生きて来たか。

1名無しさん2020/12/09(水) 19:41:03.74ID:4PLK0L7x0
今度のコロナについて 興味深い調査結果がでた。それがホモサピエンス族のなかに
ネアンデルタール人の血が大なり小なり存在すると言うDNA分析で、恐らくはこの
古代人が綿々と受け継いできた血統が 今回のコロナウイルスのとりこになっている
という事だ。

2名無しさん2020/12/09(水) 20:10:05.98ID:4PLK0L7x0
 トランプの起こした大統領選は、完全にコロナに敗けた。というのもこれまでの選挙
形態が続いていたなら、その熱狂ぶりからトランプが勝っていただろう。日本人でも、
こうしたお祭り騒ぎにウキウキ感がある者は多い。そうした事にどういう訳か「吉報」
を感じるようなさわやかさがある。それは幼い頃からの、何と何なく思うお祝いムード
に引き寄せられる魅力からだろう。がこのコロナは、とりわけマスクやソーシャルデス
スタンス、などと言う物では、全くその熱気を発揮しない。という事でトランプ候補の
選挙キャンペーンでは、とりわけそうした対処をしたバイデンの良識を批判した。この
至らない態度が3つの作用を起こした。一つはロケットが宇宙に行き、月に人が行こう
とする時代の認識として、こんなに科学を信じない大統領でいいのか。と言う不安であ
る。二つ目は取り分けこのマスクをしない群衆に置いて、恐らくはクラスター発生源と
して大きく病人死人を出して票の伸び悩みを招いた事だ。そして三つ目は頑なにコロナ
を妄想と決めつけた様な演説へのTV他報道関係者を敵に回した事だ。殆どトランプの
政策には、良し悪しの判断を除いて、結果的には雇用を増やし、景気を下支えし米国を
強くした。つまりアメリカファースト主義においては成功した近年稀にみる大傑作政策
である。これに対してオバマケアやWHO離脱や温暖化会議拒否という 全く疑うべき
科学的会議や核の防衛会議などには拒否を押し通し、対中国対中東政策には一定の平和
路線を引いた。もし仮に他の者ではこうも馬鹿を演じる大統領と言うのは不可能に近い
。で大統領選では、この好景気をもたらしたのにかかわらず非情に冷たい報道がつづく
。これまでさえもフェイクニュースだの何だのと陰謀論めいた話は多く アッと驚く、
為五郎人選や政策は多かったが、最終的にはドミニオン集計機械疑惑で終わりそうだ。
確かに大掛かりな不正や湯水のごとく資金を使い放題のバイデン候補を凌ぐ程の投票差
は不正を正しても恐らく敗戦結果であろう。だがこの裁判所に訴える現職大統領の不正
選挙の声は 大きな世界の平等化の流れの一環であり実は正当で真っ当な勢いと言える

3名無しさん2020/12/10(木) 21:52:21.69ID:67KX0qxs0
つまり日本の今の流行がGOTO政策にあるのは誰が見ても明らかだが、エビデンス
がない。とか専門家の誰も言ってない。とかウイルスは旅行しないとか、とんでもない
嘘をそのまま鵜呑みに報道する。この姿勢が日本の現状だろう。そもそもが強制力すら
ない規制を日本人はよく従っている。世界に稀にみる優良国民だろう。何処かの飛行機
や飲食店でマスクは強制じゃない。と数人の騒動ニュースが出たが、補償も補填もなし
にお願いしますで協力する各店舗や国民は、この政府の議員の勝手にどれだけ泣かされ
ているのか知れない。そもそもがガス抜き形式に変えた分科会のお粗末さが作った感染
拡大で、東北大震災の原子炉対応の民主党が40や30ぐらいの点数なら、自民党の今
の政策は5点も1点もない。そもそも論からして学術会議を利用しない方式はマイナス
点すら与えて良い。全く国民が蚊帳の外で、国会論議でコロナ終了後のGOTO政策を
今やってる事自体が詐欺師のやり方である。これで経済が冷え込んだんだ。マイナス点
でもいいくらいだろう。科学的分析や根拠論拠の資料提示もなく鉛筆舐め舐めで決定で
は、如何な試験でも試練でも自然の脅威でも忖度ではたちいかない。

4名無しさん2020/12/10(木) 21:52:41.59ID:67KX0qxs0
 政府の分科会は、飲食店の営業短縮など3週間程度の集中的な取り組み提言を出した
。コロナ担当の西村康稔経済再生相は、「3週間が勝負だ」などとほざく。「感染拡大
を抑えていくために」と強調するが。がしかし、無責任にも程がある。分科会の提言も
今回の高齢者の医療負担にしても。勝手に発議し勝手に気ままに公明党と自民党が根拠
も示さず、科学的データーも見せず、勝手に政治力で決めてかかる。こんな馬鹿な政権
でいいのか日本は。という声が野党から声がかかるがそう言われるのも当然の事だろう
。やり方もおかしいし、科学的根拠や、分析の資料も見せない。コロナは大臣発言でも
感染は広がり続ける。当然ウイルスに政治力はない。東京都や大阪府で必死に対応し、
止めようとするがGOTOなどでその動きをわざわざ足を引っ張る。この姿は一体何な
んだ。この11月が月間で過去最多の4万7千人の感染が確認されるが、当然だろう。12月
はそれを上回るペースで、10日間で2万人を超えた。これまでのグラフの推移からでも
、2ヶ月前の市民活動が今に出ている。そしてグラフの内容は2週間前の行動が出る。
この事は世界各国同じの様だ。フランスもイギリスも、米国もマレーシアも全く同じだ

5名無しさん2020/12/10(木) 21:53:03.34ID:67KX0qxs0
つまり日本の今の流行がGOTO政策にあるのは誰が見ても明らかだが、エビデンス
がない。とか専門家の誰も言ってない。とかウイルスは旅行しないとか、とんでもない
嘘をそのまま鵜呑みに報道する。この姿勢が日本の現状だろう。そもそもが強制力すら
ない規制を日本人はよく従っている。世界に稀にみる優良国民だろう。何処かの飛行機
や飲食店でマスクは強制じゃない。と数人の騒動ニュースが出たが、補償も補填もなし
にお願いしますで協力する各店舗や国民は、この政府の議員の勝手にどれだけ泣かされ
ているのか知れない。そもそもがガス抜き形式に変えた分科会のお粗末さが作った感染
拡大で、東北大震災の原子炉対応の民主党が40や30ぐらいの点数なら、自民党の今
の政策は5点も1点もない。そもそも論からして学術会議を利用しない方式はマイナス
点すら与えて良い。全く国民が蚊帳の外で、国会論議でコロナ終了後のGOTO政策を
今やってる事自体が詐欺師のやり方である。これで経済が冷え込んだんだ。マイナス点
でもいいくらいだろう。科学的分析や根拠論拠の資料提示もなく鉛筆舐め舐めで決定で
は、如何な試験でも試練でも自然の脅威でも忖度ではたちいかない。

6名無しさん2020/12/10(木) 22:14:17.90ID:67KX0qxs0
 しかし、また今度のコロナの特異性は、近年稀に見る頭脳的ウイルスである。まず、
欧州をみれば、極端にマスクやソーシャルデススタンスを嫌う人には、およそ苦痛でし
かない。コミュニケーションや融和や抗議、更に人生を楽しむ事が主眼の生活スタイル
で発達した地域でのコロナは、ロックダウン街の閉鎖措置は、極端だが効き目があった
。死亡数も入院・感染者数も減った。しかし減るのみでゼロとはならず、経済との両立
に苦戦する。何処の国も同じだ。スペインでは病床3割では既に医療圧迫らしい。IC
U入床率も3割で医療崩壊と言う、コロナ患者だけなら15%で一杯一杯という事なん
だ。と説明される。高齢者や緊急医療の入床者を開ける工夫があるからのようだ。習慣
や法や医療の建付けの違いはあるだろが、日本ではどういう訳か50%超えた稼働でも
「まだまだ、序の口だ、そんな危険水域にない。」などと放言しても何処の報道も批判
しない。最近やっと7割超えた時点で 現場対応の実質医療は100%である。などと
言い訳している。6ヶ月経ってやっと実体が飲み込めたらしい。こんな不勉強の政治家
やそれ以下の報道陣では中国の様な共産党的監視社会を推薦する橋下氏の意見が出ると
言うのも頷ける。至ってシンプルに考えれば、日本の外交の弱腰も政治家の怠慢も極左
ならではの事だ。まあ野党が対抗して極右にならないでいる事がせめてもの救いだろう
。コミュニケーションや絆や会話に重きを置く現代的日本にIT文化が幾ばくかあった
事は世界でも救いである。他の国も5Gだの情報産業だのの成功がもたらした功績でも
ある。だが、それにしてもこのコロナはうざいとか言っていた若者の甘さを増長させる
。まあ、ワクチンが出来た様だから、ひとまずは安心だが、減る事はあっても無くなら
ない様な気がする。不思議なのはこの新型コロナで、インフルエンザが10〜100分
の1に減って全く風邪のワクチン需要のない事だ。まだピーク時ではないので 何とも
言えないのだが、ウイルス世界にどういう変化が起きているのかはちょっと解らない。
一説では、コロナ対応の免疫抗体が風邪ウイルスもやっつけているからだろう。とも言
われるが、どうもそうではない気がする。

7名無しさん2020/12/20(日) 12:26:19.90ID:/5iN+Ei60
 米疾病対策センター(CDC)は19日、新型コロナウイルスのワクチン接種で「深
刻なアレルギー」が報告されているとして、国民に注意を促した。やはりというか何と
いうか。実は生物科学者は、このコロナでの免疫抗体の在り方が充分に解明されてはい
ない。との見識から最終的症状のサイトカイン現象、つまり自らに、自分の組織細胞を
攻撃しだす免疫に「アナフィラキシーショック」を起こす急激なアレルギー反応と同じ
危惧を示していた。つまりコロナの初期臨床の研究成果に、そうした人体の不思議は、
実は取り込まれ報告されていた。問題は95%もの抗体反応であって、実は低い抗体の
反応の方がよりコロナにかかりにくい。と言う事になる。まだ第二接種の効果が出ては
いないので、これが個人特有のものか、或いは、先行してコロナ感染の対応があった人
や無かった人の為かは判明していないが、結局はこれらの接種は逆にコロナの無症状な
感染者を増やしてしまう危惧がある。ここに純血腫の弱さや雑種性の強靭さがあるのか
もしれない。米国に先駆け同ワクチンの接種を開始した英国では、食品や医薬品にアレ
ルギーがある医療関係者2人が、接種後に深刻なアレルギー反応を起こしたと報じられ
ていたが、個人的にはDNAのある種の違いによる。と思っている。つまりインデアン
やエキスモー或いは北方のバイキング族とかサミー人とかは言わば古代人の種族である
。彼らの中に純血種や先祖返りがあって、起こっているのではと考えている。更には、
こうしたワクチンが二度の接種というのも気がかりだ。一度目は体を慣らし二度目には
安定させる反応を体に記憶させるためだろうが、どうも私的には6ヶ月は離れた期間が
必要の様に見える。日本も島国でどの程度のネアンデルタール人の血が濃いのかは不明
である。

8名無しさん2020/12/24(木) 03:41:22.57ID:zsltNT7C0EVE
 やはり、というか何というか。中国ではこの極寒期に停電の様だ。要因は解らないが
一説によると 中国の国内炭需要の落ち込みと国内炭最大鉱山運営に落盤事故で閉鎖さ
れた上に、オーストリア炭の輸入を止めて火力発電の原料減から来ている。との観測が
高い。此の所コロナの原因究明に豪州首相は科学者の中国乗り込み調査の発言で、政府
筋の共産党幹部が勝手に民間の石炭輸入を規制していた。と言われている。その上外貨
預金が底つく中に、米国は、トランプ政権誕生で「中国封じ込め」のウォール街政策を
始めている。本来なら新規株式資本の発行で株式からの資金獲得が中国を潤わせる筈が
規制が絡み上手くいっていないようだ。更に技術進展に伴い、基盤産業である高速鉄道
やコンピューターチッブ工場も資金不足で先行きは暗雲どころが真っ暗な闇の中だろう
。一帯一路での輸出入も利益を度外視した列車運行で産業を支えていたが、コロナでの
低調を余儀なくされている。更に悪いのは、またぞろ中共ならではの性格で、嘘の報告
つまり現状把握の為の調査白書が大盛りの数値の可能性が高い。

9名無しさん2020/12/24(木) 03:42:55.01ID:zsltNT7C0EVE
また洪水対策の有名な三峡ダムも広報では今年は大きな試練だったようだ。
「三峡ダムの水位が上昇続け地表面の高さに近づく 重慶市」というタイトルで写真
を公表していた。これによると「長江の重慶エリアでは10月14日、水位が上昇を続け、
地表面の高さに近づく「平湖」の光景が再び見られる。三峡ダムの水位はすでに175m
近くに達した。」などと報じていた。ダムの決壊は無いだろうが、運用のまずさは露呈
していてなかなかこの水の調整に あまりネットワークが機能していないような気配だ
。この川に5つのダムがあるとされるが最上流のこのダムが発電機能が損なわれて管理
水位を守れない場合、下流のダムも同じく管理はできないだろう。その上この上海でも
どこの都市も一時的な高層ビルラッシュで、エネルギーの浪費も大きくネオンを出して
いた。その実その内部のフロアーに入るのは国内企業が多く、高い家賃を好景気で支払
う形態で、上層階の住宅部に固定客層の住民やらレストランはあまり運用出来てない。
つまり不夜城も鬼城の一歩前で、投資家たちの牙城での運用だったので こうなる事は
予測されていた事ではある。ビル不動産、鉄道運輸、消費経済、ともに赤字の上IT部
も好いのは子供だましのドーロンのみとなれば 不景気を隠すので精一杯という所だろ
う。更に金融資本の香港を崩壊させたあげく、ウイグル人の奴隷労働で売価稼ぎでは、
食いつなぐ砂漠の伝統的生活の伝承者もいない。

10名無しさん2020/12/24(木) 03:49:33.89ID:zsltNT7C0EVE
まあ 月への着陸や通信衛星飛ばしに躍起になって科学技術を体得しているが、軍部の
予算は肥大化していて、南シナ海など海洋予算はうなぎ上りに大型消費している。こう
した行為はアメリカさえも出来ない程の荒っぽい軍事予算で、国家経済破綻は当然でも
ある。アフリカへの資金供給も馬鹿に出来ない程大きい上、非効率運用でも関係ない。
としてるのだから常識ではできない。どうかしている民族決済機関だ中国共産党は。

11名無しさん2020/12/27(日) 20:41:59.03ID:lCecDj3D0
 個の声・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・01

 プーチン政治のまずさが、次々に現れている。日本にも中国とロシアの飛行機が飛ん
で韓国と日本の領空識別圏の瀬戸際を飛んだ。つまり戦時中の飛行計画を絞って計画を
たてている。としか考えられない行為で、中国ロシア共に領空侵犯を行っていないなど
と声明を発している。国籍不明機の戦闘機が事前連絡もなく韓国日本の境を飛んで何で
領空侵犯してはいない。などと言う論理が出て来るのかわからないが、少なくとも両国
は国際社会の中で犯罪国である。ロシア反体制派アレクセイ・ナワリヌイ氏の暗殺未遂
関して、ロシアの工作員に電話し、毒物が下着に入れられた詳細を聞き出して、8月に
国内線の旅客機で倒れイツに搬送され治療して同氏は自ら調査した映像や音声の記録を
英報道機関などと共同調査結果を公表している。神経剤「ノビチョク」が使用されたと
結論付けられる毒殺未遂に、秘密警察であるロシア連邦保安局(FSB)工作員チーム
関与し。これを受けてプーチン氏の暗殺指令があったのだろう。と推測される。旧ソ連
時代のスパイや暗殺者達は、偽造パスポートを使って欧州を自由に行き来し、行動が明
るみに出ることはまずなかったが、今日では主要都市では監視カメラが軒並み充実し、
ほとんどない旧ソ連領内はその存在を気にすることなく手柄を立てることができるだろ
うが、今では不可能に近い。空路で西側の国際空港に降り立ったら誰であっても映像に
記録される。

12名無しさん2020/12/27(日) 20:42:17.59ID:lCecDj3D0
この出入国記録データベースは他の西側諸国の公安当局も利用可能だし、
こうした状況でも、ロシアは数々の暗殺事件で監視カメラに姿を残すという致命的失敗
を犯しても犯行に及んでいる。この信じられない旧態以前としたGRUへの命令では、
今も旧態依然とした行為で、国内外で危険視されている。これまで「絶対的指導者」を
印象づけてきたプーチンの威信を大きく傷つけ、彼を怒らせた。とも言われる中である
が、不思議な事に腐敗に満ちたロシアの市場では、住所・車両登録情報・電話帳その他
の大量の公的情報は、今やCD化されて売りに出されている。しかるべき人間と連絡し
、少しの現金を差し出せば、ロシアの主要な国民のパスポートのデータベースへのアク
セスは可能で、ロンドン警視庁などは、ボシロフとペトロフの顔写真を公開するだけで
、暗殺人の素性は新聞社すら洗い出す事が出来ている。逆説的ではあるが、腐敗が蔓延
した事で、ロシアは世界一のオープン国家になったとも言える。と報道は伝えていて、
賄賂は調査報道の友であり、政府や軍の機密にとっては敵だった。と結んでいる。

13名無しさん2020/12/27(日) 20:42:49.08ID:lCecDj3D0
 個の声・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・02

 ロシア反体制派アレクセイ・ナワリヌイ氏の自身のウェブサイトに投稿した動画で、
調査報道が行われる前に、ロシアの安全保障会議書記の側近を装って、暗殺チームと目
される数人に電話をし、その動画を記録したと説明。そのうちの1人とみられるFSB
工作員とは49分間話をしたとし、会話の録音データと書き起こした文書を公表した。
映像が実際の物で、本当の電話の会話かどうかや、対話相手の身元を確認できていない
。とされるが殆ど病院で動画加工の力のない中で、全く正真正銘の真実だろうと思われ
る。しかし、だからこそか、ロシア政府は繰り返し、ナワリヌイ氏の毒殺未遂への関与
を否定している。FSBは「電話での会話が入った動画は偽物だ」と反論、ナワリヌイ
氏の調査は挑発行為だと非難した。動画ではナワリヌイ氏の対話相手は暗殺が成功しな
かった理由を問われ、同氏が乗っていた飛行機が緊急着陸し、ロシアの医者による専門
的で迅速な治療を受けたからだと分析。「もっと長くかかれば、異なる結果に終わって
いた可能性がある。」と語っている。又下着に塗って彼を暗殺しようとした行為は証拠
まで出揃っている。これまでもソ連やロシアの情報機関は国内だけでなく、国外の殺害
事件でも関与を疑われてきた。これまで旧ソ連時代の800人程度ロシアになってから
も300人程度の疑われる事案が登っている。ロシア当局は関与を否定しているものの
、国内外からの疑いの声は消えない。その大きな理由が、殺害された人々の多くが野党
指導者やジャーナリスト、元スパイら政権が敵視する人物で、容疑者や証人として政府
の関係者が浮上する人だったからだ。見方によっては、否定する姿が芝居じみて見える
ほど、わざと政権が関与した痕跡を残しているような暗殺にも見える始末だ。

15年野党

14名無しさん2020/12/27(日) 20:43:07.76ID:lCecDj3D0
15年野党
指導者ボリス・ネムツォフ氏が、モスクワのクレムリンを目の前に望む橋で銃撃されて
殺害された事件。実行犯として有罪となったのは、チェチェン共和国駐在の内務省軍の
副隊長らだったが、背後関係が不明なままに、捜査に事実上の幕が引かれてしまった。
59年ミュンヘンで起きたウクライナの民族主義運動の指導者ステパン・バンデラ氏暗殺
事件も。78年、ブルガリアから亡命。ソ連圏の言論弾圧などを批判した作家ゲオルギー
・マルコフ氏がロンドンでの毒を仕込んだ傘で刺殺され。ソ連が崩壊し、ロシアになっ
てからも、上記の事件のほか、04年にもチェチェンのヤンダルビエフ元大統領代行が、
カタールの首都ドーハで、乗車中の車を爆破されて死亡などなど。一時より減ったとは
言え、最近も政権の関与が疑われる事件が続いている。そのため、こうした暗殺の目的
を、「対立する人物への警告や見せしめの意味もある」とみる専門家もいる。しかも、
ロシアの情報機関には、「裏切り者は絶対に許さない」という掟があるとされる。

15名無しさん2020/12/27(日) 20:43:39.46ID:lCecDj3D0
 個の声・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・03

 こうした政府の意向に釘を刺す論陣を張る。というのが叶わないのが東側共産党社会
である。ところが、人類のこれまでの進歩は、総じてそうした旧態以前の総和の意思に
真っ向から外されたり外れたりした異色の人間の力で今を築いて来ている。学者だとか
芸術家だとか研究者だとか偉人だとした業績を残した仕事をする人は、どちらかという
と浮世離れしている。事実、片足は地面に着いているけれど、もう一方の足はどこか別
の夢想の理想郷の中に足を突っ込んでいる。それぐらいじゃないと、そもそも理想には
近づけない。自由化台湾の生みの親李総統は、1996年に初の総統直接選挙を実施し
た。中国共産党は李登輝氏の当選を阻止しようとさまざまな軍事・政治的な威嚇を行い
中国の激しい反発を招いた。しかし、米国はこの中国側に警告を与えるために台湾海峡
に空母を出動させる。こうした事態となったが、結局大差で同氏が選ばれた。2000
年に退任するまで、総統を12年務めた。これが西側の絆であろう。こういう人の意見
は、世の中にとっても大事だ。台湾人そのものは中国人である誇りを持っている。が、
李総統は日本に永遠に感謝に帰する。とも述べている。それは事実からすれば、日本が
日中国交したのちに、台湾は経済苦境に追いこまれ、ソ連からの経済支援が切れた頃だ
った。この時日本は経済支援を要請した台湾に、軍事政権を捨てて自由化した西側方式
を提言したのである。これに一時的にはガッカリしたものの、部下と共に、民主主義の
実体の研究やその研鑽と分析を重ねて日本の援助もあってアメリカ型の自由選挙と自由
経済を真似る事にして、その意向が中国に伝えられ共産党危機に陥らせていたのである

16名無しさん2020/12/27(日) 23:55:13.41ID:lCecDj3D0
実は天安門事件はこの台湾民主化が無ければ起きなかったと言われている。というの
も北朝鮮から人民が韓国に亡命する様に、台湾が次々と近代化に成功し民主化していく
過程において、これまで遠くの東欧の東側のウクライナや旧ソ連のような5ヵ年計画の
夢や希望の声明では人民の心をつなぎ留めれなかった。そこに英国や米国の文化進展、
自由の標榜の成功が重ねられ、それに台湾が追随すると言う話だったのである。これま
でも大躍進政策や文化大革命政策で人々を熱狂させたのだが、それが今や張りぼてなら
ぬ、大失策との声が共産党幹部にまでも浸透していたのである。ここに毛沢東には晩期
の危機を募らせていたのだ。そこで全く的外れな粛清できる台湾戦を持ち込もうとして
いた事が判っている。つまり台湾の成功のやっかみや妬みは当然だが、より以上に民主
自由化を謳ってはいたが、例の如く嘘であり偽りの自由化放言で共産党解体の突き上げ
られる危機に面していたのである。

17名無しさん2021/01/02(土) 14:00:37.12ID:AuBMB2fR0NEWYEAR
 日本ではかつて「大店法」ってのがあった。つまり、中小小売店を集めたアーケード
商法ってのがあって、戦後の闇市あがりに 人が集まればガラクタでも物が売れる。と
言う現象で、寄り集まりの規模が次々にデパートメントストアとして 一部の大型商業
施設が出来て来たからだ。こうなると インフラの水道や電気或いは道路が必要となる
し、ゴミ処理や喧嘩やトラブルさえも行政処理が必要になる。この出費は痛手となり、
行政は困った事になる。そこで中小企業を守ると言う名目で、大店舗規制法なる法案が
可決され、人の住む処、つまり街角と言われる場所では 保護を名目に郊外なら作って
もいいが競合する商店のある所は作るな。と言う話で法案は可決された。又遊技場も又
そういったことで文教地区の青少年の来る所はパチンコ屋は作るなって法案をつくる。
ガソリンスタンドも、住宅街も同じに農業地区やら地域重要課題に次々に規制を引いた
。一方で雇用と住宅は深刻な事だった。そこで角栄は道路インフラの資金に石油の二重
課税を思いつくに至った。石油が安いと今までの人件費で出来る物が割安の機械化工具
に取って代わられるからだ。すこし進歩を遅らせてでも調和の取れた日本が必要と考え
たのである。既に石炭産業や鉱山運営の衰退化と東京への一極集中化が就職列車と共に
やって来ていたからだ。で核家族化に合わせて 道路事情を高速道路網整備を打ち立て
それと共にニュータウン建設に走った。こうした流れはアメリカ発で既に世界的物だっ
た。

18名無しさん2021/01/02(土) 14:01:00.29ID:AuBMB2fR0
ところが 東京オリンピックと共に所得倍増計画で、万博時に高度経済成長の政策が取
れたのだが、アメリカの妬っかみが起こった。進歩しすぎる日本が既存のアメリカ文化
の象徴を購入しだしたのだ。米国が作ったとされるトランジスタは、生産性で手の器用
な日本製品に敵わなかった。これを集めた集積回路は、これまで世界大戦時から研究し
つづけていたコンピュータサイエンスは、日本人の凡用LSIに取って変わった。更に
通常の自動車輸入も、高速運転できなかったものがいつの間にか、コストのみならず、
動力遂行や走行試験或いは耐久試験において抜いていて国民に支持を得ていた。家電と
共に輸出のその利益は、企業買収やロックフェラービル買収の形に現れた。かつて強制
収容がアメリカでも行われていた。ドイツと違っていたのは、一つだけで、固い敵対心
の強いユダヤ人でなく、生産性を持った柔和な日本人だった事だけであった。ドイツの
収容所では、物作りにユダヤを使いながら食糧供給すら厄介な問題だったが、アメリカ
は浮浪者や失業者は溢れていたので、日本人を強制労働する程に無かった。事実敵国人
とされたドイツ人やロシア人も数多く募集された私企業で数多く給金で普通に働いてい
た。ところが日本人に至っては戦争前から、馬小屋や牛小屋にまで強制収容された。そ
れは大統領指示の政府の開戦前の準備だった。がそこでユダヤ人との違いが出たのだ。
ロシアの強制労働所と同じく、日本人は慎ましく穏やかで自治生活が出来ていた。野菜
を不毛の土地に作り、自らに学校教育も床屋も娯楽も食堂も収容所内で運営したのだ。
これは第一次大戦時に日本で置かれたドイツ人俘虜収容所に近い形であった。そうした
元気な日本人を知っていた政府は70年過ぎた頃から日本を注視し80年代に至っては
色んな内政干渉に至っていたのである。

19名無しさん2021/01/02(土) 14:01:21.84ID:AuBMB2fR0
 その中に「大店法」改正も入っている。かつて日本進出を果たしたウォルマートも、
徹底的に間違いは、USセブンイレブン同様に 単に敵を日本の体質や日本企業として
いた事だ。今でも勘違いしていて、ライバル企業を追い払えば 自分の企業の生産性が
上がる。と信じている肉食企業は多い。だがラストベルトの悲惨さは、企業の衰退では
なく、企業が改善を果たさなかった事だ。日本の場合鉄鋼業は、例えば官営八幡製鉄所
なども、国内の他の日本鋼管やら神戸製鉄と競い合っていた。その中に常にコスト削減
やら、雇用維持や安全性や生産性も同時に分析して改善して 君津工場を稼働させるに
至っている。その為に、圧延技術の獲得とその継承に置いても力をさいていた。これが
大きなアメリカとの違いで自動車産業の自動化も工場進化も同じだった。つまり日本で
大儲けできると勝手な夢で大きなロビー活動し、議会や大統領を動かして、日本への内
政干渉圧力を強めたのだ。これで日本の国民の利益は国鉄解体、電電公社解体同様に、
削がれてしまう。こんな利益のない政府は、とうとう消費税に手を出したのだ。大店法
改正やら保険会社の株式帳簿の現行運用などの金融ビックバンなどは結局日本の金持ち
を無くした。かつての戦後の農地を解体した小作人農地転換と同じに馬鹿の様に日本の
余裕を奪った。こうした貧しい国に日本が変わって損をしたのは結局は商売相手となっ
ていた米国である。ウォルマートが日本から撤退し、ラストベルトがアマゾンなどの、
IT企業に喰われて、雇用も自立経済の地域のドーナツ型経済市場が奪われるのは当然
だった。この後結局は中国などの偽物流通を高め 共産国経済に力を入れて失敗する。
そして 自然を葬った罰に 伐採林からの多くの多用途昆虫世界が無くなった。奪われ
た土地に住んでいたウイルスは野獣や野鳥に取りつき 結局は人間社会に攻撃する。

20名無しさん2021/01/09(土) 09:32:50.09ID:HLgqYm9W0
郷土の歴史‥‥‥010
 福岡の石橋氏(肥前石橋氏)は福岡県八女市の医師石橋正良宅に伝わる『石橋氏系図』
によると、清和源氏の一族であるとされる。八女地方の石橋一族は、清和源氏と称した
肥前出身の武士で豊後大友氏の支族である筑後国下田城主堤貞元の重臣石橋右衛門盛清
(慶長6年没)が天正年間(1573年から1593年)に、筑後国生葉郡星野村に定住した。
この事がはじまりであるとされている。医業は盛清の3代目にあたる作右衛門教清が、
寛永年間(1624年から1643年)に起こし、以来分家新立が乱立して 石橋医家の繁栄が
もたらされた。森鴎外との「舞姫論争」など、明治の文芸評論家として 注目を集めた
弁護士石橋忍月はこの流れを汲む子孫だという。この石橋氏が名声を得たのは戦国時代
佐賀の戦いにおいて幾つもの石橋を作ったからだ。その流れに長崎の眼鏡橋があると、
言われている。元々鎌倉以前には大崎氏とか寺崎氏とか港湾事業の岬作りの技術者だっ
た。陸奥国安達郡塩松城に拠った塩松石橋家は、もともとは大崎氏の支族であったが、
後に上記の下野石橋氏の系統となり、京都扶持衆として鎌倉府の奥州支配に対抗した。
南北朝時代には、篠川御所足利満直は京都方であったので、京都との取次ぎ及び幕府の
使者の応接は石橋氏が行っていた。鎌倉府が永享の乱で崩壊した直後の永享12年(1440
年)に、満直は畠山満泰・二本松持重・石橋左近将監・石橋祐義・蘆名盛信・田村利政
らに攻められて殺害されたとの説もあるが、塩松石橋家らの関与は疑問が呈されている
(実際に篠川御所を殺したのは石川氏であろうと言われる)。いずれにせよ塩松石橋家
は、篠川御所を廃した後、一地方国人として存続し、その後は国人衆の記述が多い。
『余目氏旧記』にも出でこない事を考えると、足利一門として大崎氏や最上氏と同列
に認識されていたと思われ、塩松石橋家は高い家格を誇っていた

21名無しさん2021/01/09(土) 09:33:15.79ID:HLgqYm9W0
郷土の歴史‥‥‥011

 足利泰氏の庶長子の斯波家氏の子広沢義利は上野国広沢郷を伝領し、広沢太郎を称し
た。その子の吉田義博は三河国吉田郷に移り住み、吉田三郎を称した。その子石橋和義
は、初め尾張、次いで石橋と称せられる。和義は足利尊氏に従い、尊氏西走の時、備前
国三石城の守備を任された。和義は脇屋義助に包囲されながらも城を守りきり、戦功を
上げた。とされている。これにより、伯耆国、備後国、若狭国などの守護を歴任した。
ほかにも官途奉行、引付頭人、評定衆などと幕府の重役を歴任していた。しかし、貞治
2年(1363年)、再従兄弟である斯波高経と対立し、全役職を解かれて失脚してしまう
。足利政権から正式に守護に選ばれたのは、一族で和義が最初であったが、在国で一年
程度では国人の被官化には繋がらず、それが勢力を急速に落とした要因にもなっている
。貞治5年(1366年)、斯波高経が失脚すると将軍義詮は和義の子棟義を抜擢して奥州
管領斯波直持と吉良貞経と協力して吉良治家を追討させた。棟義は治家を没落させた後
も軍事指揮権を維持したまま、土着化する。さらに父和義も奥州に下向し、棟義の支配
を助けた。盛んに安堵状を発給し、その量は奥州管領斯波詮持をも凌駕した。しかしな
がら、至徳3年(1386年)を境に消息が途絶えている。この石橋や吉田氏が南北朝統一
で頼ったのが 菊池一族であった。知っての通り大塔の宮家を継ぐ南朝方は 北朝の方
の政権に統一されるのだが、九州に落ち延びた護良親王(もりよししんのう )は 鎌倉
時代末期に、既に建武新政期の皇族・僧侶・武将・天台座主・征夷大将軍。の冠を宿し
最高権力者の地位を得ていた。還俗前の名は尊雲法親王(そんうんほっしんのう)通称
を大塔宮(正式には「おおとうのみや」/俗に「だいとうのみや」 )ともいわれたが、
一般に後醍醐天皇の第三皇子とされるが、一宮(第一皇子)という説もある。彼らが、
本拠地としたのが 今の柳川市三橋町の二つ河小学校の 柳の宮とされた磯宮の城であ
る。

22名無しさん2021/01/10(日) 07:01:17.06ID:qiMkR57H0
郷土の歴史‥‥‥010
 福岡の石橋氏(肥前石橋氏)は福岡県八女市の医師石橋正良宅に伝わる『石橋氏系図』
によると、清和源氏の一族であるとされる。八女地方の石橋一族は、清和源氏と称した
肥前出身の武士で豊後大友氏の支族である筑後国下田城主堤貞元の重臣石橋右衛門盛清
(慶長6年没)が天正年間(1573年から1593年)に、筑後国生葉郡星野村に定住した。
この事がはじまりであるとされている。医業は盛清の3代目にあたる作右衛門教清が、
寛永年間(1624年から1643年)に起こし、以来分家新立が乱立して 石橋医家の繁栄が
もたらされた。森鴎外との「舞姫論争」など、明治の文芸評論家として 注目を集めた
弁護士石橋忍月はこの流れを汲む子孫だという。この石橋氏が名声を得たのは戦国時代
佐賀の戦いにおいて幾つもの石橋を作ったからだ。その流れに長崎の眼鏡橋があると、
言われている。元々鎌倉以前には大崎氏とか寺崎氏とか港湾事業の岬作りの技術者だっ
た。陸奥国安達郡塩松城に拠った塩松石橋家は、もともとは大崎氏の支族であったが、
後に上記の下野石橋氏の系統となり、京都扶持衆として鎌倉府の奥州支配に対抗した。
南北朝時代には、篠川御所足利満直は京都方であったので、京都との取次ぎ及び幕府の
使者の応接は石橋氏が行っていた。鎌倉府が永享の乱で崩壊した直後の永享12年(1440
年)に、満直は畠山満泰・二本松持重・石橋左近将監・石橋祐義・蘆名盛信・田村利政
らに攻められて殺害されたとの説もあるが、塩松石橋家らの関与は疑問が呈されている
(実際に篠川御所を殺したのは石川氏であろうと言われる)。いずれにせよ塩松石橋家
は、篠川御所を廃した後、一地方国人として存続し、その後は国人衆の記述が多い。
『余目氏旧記』にも出でこない事を考えると、足利一門として大崎氏や最上氏と同列
に認識されていたと思われ、塩松石橋家は高い家格を誇っていた

23名無しさん2021/01/10(日) 07:01:41.31ID:qiMkR57H0
郷土の歴史‥‥‥012

 ここにひときわ高い柳の木が御神木としてあった。とされる。八女の錦の御旗は今も
残っている。実は天皇がここに来たのには理由があった。それはこの地が天皇の食糧を
送って来た土地だったからである。明治の廃藩置県の頃、柳川城は県令の場所として、
三潴県令に渡す様にと通告があった。しかし藩主の立花公は 頑としてそれに応じなか
った。理由は明治新政府が信用ならなかったからだ。だが瀬高の広田神社は 新政府の
押した皇族とは懇意であったと言われる。日本広しと言えど、この頃は立花壹岐の守が
鼎立の法を説いて、今までの赤字の藩券を消化して 大きな黒字となっていたからだ。
三鼎立の法は、身分に構わず 経済を潤わせる事の要を説いたもので、武士の教養を範
として、農民に産業を与えれば、商人はそれを他藩において売って利がある。と言う物
であった。すなわち藩主や藩は この農民の産業と武士や町民の行徳の知恵と他に売り
買い出来る物で、藩が潤う。というもので、我が先祖の瀬高の両替商(細工町の金貸し
)に大きくその指示を行ったのである。それまで藩札は刷った時点で7割に下がる事も
あった。日々6分の利子を入れて、365x6の2190およそ2割の利益ある藩札も
直ぐに米札に変えられた。理由は簡単で、米相場に左右されて物価の高騰に藩札には、
価値が無かったからだ。ここに雲龍相撲の逸話がのこる。つまりこれまで、藩札の抵当
には米を使っていたので、余剰米から投資米まで流通の銀貨に替える必要があったし、
その銀貨を得る為には、大阪の米問屋に納まめられる米価で両替していたからだ。ここ
に鉱山もなし、地場産業のない柳川は、米は獲れても遠く送り出す船賃でも、出荷納入
の遅さでも、米価は安値取引しか出来なかった。そこで壹岐の守は画期的な名案をする

24名無しさん2021/01/11(月) 18:08:38.82ID:jWlPZm8D0
郷土の歴史‥‥‥013

 というのも、薩摩や日向や熊本には劣るものの 比較的早く米は出荷出来ていたから
である。で先物取引で安値で買う事を約束すれば、その米を先物で売ってもいいはずだ
。という事である。米相場は仕入れの米が重なると船場の蔵が満杯で安くなるし、少な
いと高い値で買い付けて 早くから奈良や和歌山或いは灘の酒造会社に送られるからだ
。敢えて早い時期に買う理由は、職人を遊ばせず、早く清酒としたものを江戸に送る為
だし、江戸に送る量やその他の買い付けにも対応できるから船倉は敢えて早く満杯にし
値段の差をだしたかった。江戸の中期からは米はそれほど不足気味で順調に高くなって
いた需要があったのである。で豪商の鴻池に出資を頼む事にしたが、つてがなく鴻池の
梓に近づき芸者遊びの好きな事や相撲に熱心で、その頃天下に敵なしの雲龍が好きだっ
た事を突き止める。で瀬高の船小屋で生まれ大和町の浜で育った雲龍にちょっと媚びて
雲龍相撲を 花街の庭先で見せて、接待相撲の観劇を行ったのである。こうして鴻池の
歓心を魅了して夏の夜に3千両の資金を得たのだ。その後秋に柳川藩の米が運び込む為
の時期を福岡黒田の船便の後にした。これで一挙に船便は半値に近い。大川の久留米や
佐賀藩との共同船着き場では、磯村弥助はヤキモキしていた。「どうして殿はこんなに
遅く米を持って来るのか。大阪の米相場はさぞや下がっていて、又も藩財政はひっ迫し
わしが大目玉を喰らうのではないか。」と例え殿直属の壹岐の守の言いつけでも、守る
気持ちはサラサラなく千石船を2隻用意は整えていたものの、筑紫橋の蔵街からの米俵
が届かぬことには、人足も集められない。とぶつぶつであった。その頃大阪ではこめの
買い占め事件が起こっていた。壹岐の守はいつもの米番役に、ドンドン新米の買い入れ
させて、送られてくる米を借りた空蔵に買い入れ、更に手形買い入れすらやっていたの
だ。既に柳川藩が鴻池の資金を持った事は噂で広がり、安心して米や米札が藩札で購入
できたのであった。この話は実は我が両替商子孫のみならず、広く有名な話である。

25名無しさん2021/01/11(月) 18:12:45.89ID:jWlPZm8D0
 郷土の歴史‥‥‥014

 こうして米インフレで資金を得た金は 同じ三千両だった。と言われる。したがって
藩券交換では全く鴻池の金を使うことなく米札で売りぬき、更に藩財政の為の米を更に
米を動かす事無く田植え頃には買い入れていた。と言われている。つまりは、今の株式
の空売り空買いの手法でまんまと4千両が柳川立花藩にはいったのである。次の年の夏
には利子をつけて鴻池に返却したが、「やあ見事見事。いきのかみ殿は柳川の知恵袋の
噂通りのお人でありまんな。」と笑い、「これを機に一つ、懇意の付き合いをしとうな
りますな。」として利子分の返済に、「一つワシの願いというか、頼みを聞いてくれま
へんか。この金で。」と利子の書きつけを返した。「はあ〜。」「実は柳川には水戸の
御老公も慕う 日本の三賢人の一人安藤松庵先生がいらっしゃる。と聞いた。」「・・
・・・」「あ〜〜いやいや、何もその松庵先生を連れて来て相対するなどとは言わん。
何せ藩塾の伝習館の誇りであろうからの。まあ問注所や大学氏などもいるとかと聞いて
いる。柳川とは豪気な藩ですなぁ。」「ああいやいや、話がそれた。実はうどんがの、
ワシが好きでのう。なんでも柳川蘭麺とかいう黄色のうどんがあると聞いているのだが
壹岐の守はしっていらっしゃいますかのぅ。」「いえ、噂はあるようですが・」「何で
も水戸の御老公が紀州御目付で、隠れて大阪まで足伸ばしした時 安藤の御用人が、そ
の黄色のうどんを食べさせて御老公をうならせたとか、そこには薩摩の焼き豚が乗って
いて、長崎のちゃんぽんとは又一味違ったうどんだった。って知り合いから聞いてのう
。まあ南蛮とも北京とも広州ともちがうそのうどんを冥土の土産に喰いたいものだと、
かねがね思っていてのう。このご老体だろうし、一つ一緒に喰う事できまへんか。」と
まじまじと 十時相馬と立花壹岐の守を見た。実はその頃、中国大陸の清王朝を探って
よく知っていたのは、やはり九州の諸藩であったことは確かだ。既に佐賀では、戦争を
予測し諸富に第3の反射炉を江川家によってつくられていたし、その資金源に薩摩に、
製鉄技術を売り渡していた。とされる。

26名無しさん2021/01/11(月) 18:22:01.55ID:jWlPZm8D0
 郷土の歴史‥‥‥015

 安藤省庵(あんどうせいあん)の逸話は多い。江戸前期の儒者で筑後生れとされる。
名は守約、字は魯黙、通称を市之進、別号に恥斎。京都で松永尺五に儒学を学び、帰藩
して藩侯の侍読(じとう)となる。侍読とは漢文を一般に広める役職である。意味や解
説、類語について、天皇に仕え東宮御所の傍に仕え、学問を教授する学者である。また
、その職が鎌倉後世からは寺僧でなく侍に道を開いたことからこう呼ばれ、彼らの講義
を侍講(じどく)とも言った。いわゆる江戸時代に栄えた講は、こうした先生ともなる
学者を 徳川幕府は改めて大学とした身分を与えて各藩も持つことになった。松の廊下
事件で有名な忠臣蔵も実は 忠義の遺臣の大石内蔵助の頭文字を採っていて、赤穂事件
(あこうじけん)とされている。江戸時代の元禄年間に、江戸城・松之大廊で、高家の
吉良上野介(きらこうずけのすけ)義央 に斬りつけたとして、播磨赤穂藩 藩主の浅野
内匠頭(あさのたくみのかみ)長矩 が切腹に処せられた事件である。さらに その後、
亡き主君の浅野長矩に代わり、家臣の家臣の大石内蔵助良雄以下47人が本所の吉良邸に
討ち入り、吉良義央らを討った。これを又見世物として芝居で興行師らが広めて大いに
喝采を博したが、この事件は、実は幕府への恨み節なのである。江戸城での刃傷とされ
るが、幕府は大阪城を攻めた後は 藩の関所を認め参勤交代をさせ江戸城はじめ数々の
土木工事を各藩の諸大名に請け負わせた。徳川家に楯突くものを弱らせる政策である。
こうした中幾つかの役職も決めた。旗本御家人職である。大名は味方の将であり御家人
は徳川家臣と言う違いで、家臣に職能をつけたのだ。その一つが高家(こうけ)で江戸
幕府における儀式や典礼を司る役職。とされた。この職に就くことのできる家格の旗本
(高家旗本)は将軍の認可が必要だった。役職としての高家を「高家職」ともされ。高
家旗本のうち、高家職に就いている家は奥高家、非役の家は表高家と呼ばれた。

27名無しさん2021/01/14(木) 11:03:32.70ID:NvaMEBXT0
郷土の歴史‥‥‥016

江戸時代の元禄年間の 赤穂事件は亡き主君の浅野長矩に代わり、家臣大石内蔵助良雄
以下47人が本所の吉良邸に討ち入りして、吉良義央らを討ち、生首を墓前に捧げ自害す
るが、此の事件は相当な武家社会にインパクトを与えている。安藤省庵は 石高500石の
柳川藩藩士で重臣、安東親清の次男で、立花忠茂の時代に江戸詰め近侍となっている。
寛永14年(1637年)に島原の乱が起こり、柳河藩も江戸幕府より乱鎮圧を命じられると
、病身ながら従軍している、聡明で好学心が高く、器量があるので立花宗茂より分家の
資格を与えられていた。京都に松永尺五の下で学問を修めている間に、日本に亡命して
きた明の学者、江川入徳(中国名:陳入徳)から、朱舜水の情報を得たという。1660年
、安東は長崎に赴き、朱と会談し、師弟の交わりを持った。この時、安東は日本に留住
できるよう長崎奉行に働きかけて、6年間もの間少ない自分の俸禄(200石だが実質は
80石)の半分を朱舜水のためにと贈り続けたという。また、寛文3年(1663年)に長崎
で火事が起こり、朱の家が焼けたときも家を新築し、焼け残った書物や日用品をそこに
収めて無事を祝った。と言われる。彼の知古には大沢氏がいる。柳川のお花別邸は、実
は花園氏という旧領主の土地だったともされている。が田中吉政時代から捨てており、
この近くに 大沢氏を引き入れている。そして大沢氏も後には高家になっていたのだ。
江戸城での刃傷事件だったが、幕府は大阪城を攻めた後には、江戸幕府DEは内政整備
と恫喝と尊攘政治において 諸藩の弱小化を進める方向の大きく舵を切っていた。藩の
関所を認め参勤交代をさせ江戸城はじめ数々の土木工事を各藩の諸大名に請け負わせて
巨大な出費をさせた。この出費は人足と言う労力でも良かったし、米俵と言う食糧でも
代用が出来たが、それなりの技術と負担は膨大なものだった。こうした中で、食い詰め
御家人衆の職に幾つかの役職も決めたのだが、城を持つ藩主とて、相当な貧乏藩にどこ
も陥ってしまった。それが江戸の初期に起こっていたのである。

28名無しさん2021/01/14(木) 11:10:04.54ID:NvaMEBXT0
 郷土の歴史‥‥‥017

 ではこうした他の貧乏藩の勅使の接待役はどうしてたか、当番制だったので色々画策
していたのである。今回の担当が、赤穂藩藩主の浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)だ
ったが、実は旗本の実情も多くはあぶれ息子や娘が縁故がなく、本家筋の高尚で有名な
俊才しか用はなく、通常は婿入り嫁入りにあぶれて途方にくれた放蕩組が多かったのだ
。で、柳川の場合宗茂公のには、大きな試練にあった。それが黒田事件である。寛永5
年(1628年)5月に、第2代藩主の黒田忠之の長男として筑前早良郡橋本村の別邸にて
生まれたのが、三代藩主となった黒田光之である。父の忠之公は、側室で生母の坪坂氏
を嫌っていたらしく、筆頭家老の黒田一貫に預けていた。つまり身籠った後、藩の正室
と分けた側室左遷を受けていたのである。承応3年(1654年)の父の死去により家督を
継いだが、すでに、福岡の藩の財政は父の末期に、窮乏化が始まり、光之は厳しい倹約
令を出すしかなかった。藩政改革に取り組んだ光之は、武断よりも文治を好んで、父の
忠之に仕えていた儒学者の貝原益軒を再び召抱え、黒田家の伝承を集めた『黒田家譜』
などを編纂させた。それまでの保守的な重臣を遠ざけて、新参の鎌田昌勝や博多南坊流
を創始した 立花重根を家老として新たに登用し、福岡城三の丸(西の丸)に広大な下
の屋敷(下館)を造営し、新たな居館にした。延宝5年(1677年)2月に、嫡男の綱之
を廃嫡してしまい、東蓮寺藩を継いでいた三男・長寛(綱政)を跡継ぎと新たに定めた
。が、これが原因で家老が処分されるなど、藩内に大きな混乱をもたらす羽目となった
。これが黒田騒動の本筋である。この頃大きく日本は動いていた。お花の横手に、河童
道と称された小道の街路がある。ここはお花にくる外堀の水路と共に、藩内の武家集合
の御濠が集合される。座持ち様とする、大沢大善の家に通じている。御花の対岸にあり
大沢氏は殿様の話相手だった。今でいうならご学友と言った所か。この大沢氏も又高家
に名を連ねている。この大沢掘りや大沢橋は、その遺構の地位の高さだったが、正統な
立花家の家臣とはなっていない。外枠の大名だったからだ。となりの黒田騒動でここに
やって来たのである。

29名無しさん2021/01/14(木) 11:25:21.74ID:NvaMEBXT0
郷土の歴史‥‥‥018

 黒田騒動は、加賀騒動・伊達騒動、あるいは仙石騒動と並び、江戸三大お家大騒動と
言われる。「黒田騒動」については、父の黒田長政が、豊臣秀吉の軍師・黒田官兵衛の
息子であった事で天下分け目の関ヶ原で、家の存続に徳川方につき徳川家康を助けて、
福岡の52万石の九州要害の地の初代藩主となった人だ。この旧来の豊臣方の家来達は
当然父の軍師の法は豊臣方につくものとして考えていた。しかし、軍師だけにそれは違
っていた。天下分け目の決戦が長くなるはずと踏んで九州勢の結集を呼びかけ、徳川に
恩顧のある加藤清正と鍋島氏を味方につけ、自らはこれまでの蓄えで私兵で周りを攻め
た。息子が徳川方での功績で関ヶ原は2日で終わった。豊臣方が猛将立花氏を排除して
関ヶ原に挑んだからだ。こうした事で家来に一つの溝があった。黒田長政が亡くなると
黒田藩筆頭家老の栗山大膳(くりやまだいぜん)が二代藩主・黒田忠之(くろだただゆ
き)を謀反の企てがあるとして幕府に訴え出る。こうして前代未聞の「黒田騒動」が起
きた。祖父の黒田官兵衛は、豊臣秀吉の軍師として、福澤諭吉の産湯地で有名な中津城
主である。豊臣秀吉が天下を取った時、配下の猛将達を大阪城から離れた所に配置した
家康が関東に遠のいたのを筆頭に、剛腕で知られる加藤清正や、海軍知将とされた小西
行長などだ。薩摩を遠ざける防備の狙いもあったが、兎も角近くには置かなかったが、
軍師の黒田官兵衛も又遠ざけられた一人で、鬱憤があった為、旧家臣は、間違った予測
をし、徳川時代の家臣はその意思に無頓着だった。黒田官兵衛は、やはり 日本征服は
無理にしても、関東の家康の様に、九州統一の覇者足らんと願っていた事は言うまでも
なく。その為、息子に家康についていけ。と言うのは見せかけだったのだ。豊臣恩顧と
言う息子を、とくと説き伏せ、自分は豊臣恩顧の結集を叫んで家康方と称して、関ヶ原
に息子を送り出すと、傭兵を集めて鍋島・加藤・黒田で 大友氏を追い出し豊前・豊後
そして筑前・筑後を押さえて九州の名城と謳われた、柳川城を包囲したのである。ここ
に、築城8回目の柳川の包囲戦が繰り広げられたのである。この柳川城の築城以来、常
にこうした戦禍の中にあった要害の地でもあったのだ。

30名無しさん2021/01/17(日) 09:55:49.00ID:+ENuIR/V0
 郷土の歴史‥‥‥20

 そもそもが徳川には苦い経験があった。というのも徳川家はその昔、竹千代君の時代
に、何回も行末知れずになった。これは一重に国盗りゲームにおける、人質作戦の為で
ある。基本的に徳川家は織田家の下で暮らしていたのは、今川家の家臣団の一つで徳川
の名代の地位があったからだ。つまり息子には価値はなく世継ぎや正室と言う身分に、
その価値があったので、自由に暮らせていたのである。その竹千代君が1日中探しても
、とうとう見つからないので二日目にはとうとう代理を立てた。戦国時代にはよくある
事らしく、この代理の若君が今の家康だったのである。では何故居なくなったのか。人
さらいが身代金を請求したか。実は信長の兄である織田信広は信長より嫌われていた。
この信広が、もしも相当なキレ者だったなら、信長の台頭もなかった。史実に残るこの
信広像は生れや母方も不詳のままだ。又相当に甘く、今川家相手の合戦で不覚を取り、
あろうことか生け捕りまでされている。そのため織田家で押さえていた 三河の人質・
竹千代(後の徳川家康)と人質交換で尾張を又取り戻されて、三河国の支配を今川に渡
すことになった。そして家康は桶狭間の戦いでは敵対することにすらなってしまうのだ
。天文20年(1551年)に父の織田信秀が病死したときに、正妻の土田御前から生まれた
嫡男・織田信長は、こうした事で、織田家の家督を割とスムースに継ぐことができた。
兄の生年月日すら不詳で実年齢は、信長の4〜5才ぐらい上というのが大方の予測である
。信長が天文3年(1534年)の生誕ですから、信広は享禄3年(1530年)あたりの生まれ
で、こんな調子で幼い頃の記録は皆無に等しく、歴史に登場するのは天文18年(1549年
)頃、対三河の重要拠点だった安祥城を、当時二十歳前に信広は城将として任されてい
た。この為に当初は愚将とは全く思われてなかった。しかし、地図で見る様に岡崎城が
静岡の今川の城であり、その目と鼻の先にある安祥城(現・愛知県安城市)の重要さは
名古屋の末森城(織田信秀)に次ぐ安祥城(織田信広)と言う今川の最前線だった事で
かなりの失態だったようだ。この徳川家の兄と親子で守っっていた城が破られている。

31名無しさん2021/01/18(月) 18:13:23.50ID:5XcddCOu0
  郷土の歴史‥‥‥21

この織田家の存立に異彩を放つのが秀吉の片腕で、淡路の城主で牛込にあった蜂須賀家
。蜂須賀 正勝(まさかつ)は通称小六のち彦右衛門尉といわれた。木曽川筋川並衆の
蜂須賀党を率いて川筋を押えていて、のち美濃の斎藤道三に従っていた武将だ。道三が
敗死すると尾張の織田信賢、織田信清に属したが、その裏に秀吉がいた。後に織田信長
の家臣だった木下藤吉郎の麾下となり、数々の戦に従い戦歴をもったが、もともとは、
木曽の猟師集団の木こりだったので、極めて横暴な徳川方を憎んでいた。とされている
。播磨の別所長治を攻めたときの功により播磨龍野城主となったが、別所長治は織田氏
や毛利氏に仕えた武将で、播磨国を治めていた立派な武将だった。三木城に2年近くも
籠城して、豊臣秀吉と戦った「三木合戦」の壮絶さは現代にも語り継がれているほどだ
。もともと由緒ある家柄でしかも芸才すらあった。別所長治の長も織田信長の長の字を
貰ったほどに信頼が厚かった。しかし、城を落とした豊臣秀吉が、降伏した城兵を許さ
ずことごとく首をはね、城内の女子供をも処刑したことに義憤し、婚姻関係にある丹波
の波多野氏が織田方から離反した事もあって距離を置いた。1578年3月 豊臣秀吉が三木
城の包囲を開始したが、困難と判断した豊臣秀吉は、三木城の包囲をし周辺の支城の、
上月城、淡河城、八上城などを攻略、三木城の兵糧の補給を切り崩した。これによって
三木城は孤立していく。その後豊臣方から、城主一族切腹で城兵の命は助ける条件が出
されて1580年1月に別所長治は受け入れ妻子と自害し、2年近くの籠城戦が終っている
。村上源氏の流れの別所氏は、室町時代の守護大名で、幕府の中枢を担った赤松氏を、
祖先に持つ。応仁の乱頃に赤松氏から独立して三木城を築き、その後百年に渡ってこの
東播磨に強い影響力を維持していた。その名声が蜂須賀氏は知らない筈もなかった。「
三木の干殺し」は、「鳥取の飢え殺し」と「高松城の水攻め」と並び、秀吉三大城攻め
と言われ、更に信長反旗をたて三木城に籠城した時不満をもつ多くの周辺勢力が同調し
、東播磨一帯の国人衆や一向宗の門徒などが集まり、約7500人が三木城に籠城すること
となって 蓄えの食糧がつき壮絶な飢餓状態となり命を絶つ道を選んだとされている。

32名無しさん2021/01/18(月) 18:23:00.31ID:5XcddCOu0
  郷土の歴史‥‥‥22

悲しい結末であるが、これが日本人の縄文時代からの心情の風景だったように見える。
この小六の名は 6番目の札所だったからと言われている。蜂須賀家は蜂須賀万字を、
家紋としている日本古来の山人である。つまり縄文時代からの狩人という事になる。で
この札所と言うのは今でいう心霊スポット的な霊験あらたかな場所という事であるのだ
が、この万時がヒットラーがナチスにおいて使われた事はよく知られている。美濃国に
隣接する尾張国海東郡蜂須賀郷(愛知県あま市蜂須賀)を領した国人で、川並衆であっ
た。と言われる。川並衆(かわなみしゅう)とは、尾張国と美濃国の境を流れる木曽川
沿いに勢力を持ったとされる土豪の総称で、後に豊臣秀吉に仕えた一団の統領となった
。正勝はもともと藤原姓を称しており、松平氏が藤原姓から源姓に改めたのに従って、
忠英の代になって源姓に改めたとしている。伝承の中には、上野源氏(新田氏)一門の
里見氏流鳥山氏の支族の肥後蜂須賀氏の当主の、正家に孫の娘が斯波氏に嫁いでいた。
この正秋の後裔として、尾張国中村に移住したと言われている。蜂須賀氏は南北朝時代
に蜂須賀氏の遠祖とされる景成(二郎兵衛尉)なる人物が南朝方の武将として活躍し、
その子孫の正昭(正秋)が、尾張国蜂須賀郷を領し、蜂須賀氏を称するようになった。
正勝の曾祖父・正永(広秋、正氏、広昭)を始祖とする説があり、別説では織田大和守
家・織田敏定の重臣俊家を広俊(正成)の父として、家祖とされている。つまり豪族の
長であり、そもそもが織田家の遠祖であった。とされているのだ。実は徳川家康率いる
東軍と石田三成たち率いる西軍が激突した関ヶ原の戦いには、この木曽の地の岐阜城が
落とされた事が大きく動いている。信長の孫三法師様つまり織田秀信が籠城しなかった
事で、今の天下分け目の決戦が行われた。と現代歴史家は思っている。大垣城から石田
三成の援軍を待たずに打ってでた事が、関ヶ原の敗因としたのだ。この幻の巨大山城の
存在だった岐阜城は37支城を納める巨大山城で牢固な城は中心であったのみならず、
全国の山伏の中心にいた。しかし、織田は天然の要害の利を活かせなかったのである。

33名無しさん2021/01/18(月) 18:36:33.49ID:5XcddCOu0
 ここに家康の一つの苦悩があった。蜂須賀氏が用いる家紋は二つある。足利義昭から
正勝が賜ったとされる桐紋を、主君羽柴氏の家紋を憚って、転じた通常の柏紋。そして
平氏打倒の挙兵の際に 源頼政が高倉王(以仁王)より賜ったという万字(左万字)で
特別に崇められた伝統ある家紋だ。何れも源姓を由来にする家紋で、特に万字紋では、
摂津源氏頼弘流を示すものであるとされる。この蜂須賀氏などの美濃国に接する尾張国
海東郡蜂須賀郷(愛知県あま市蜂須賀)を始め、領した国人衆の多くが神聖な太守と仰
ぎ見ていた岐阜が、易々と黒田長政と福島正則の手に簡単に墜ちたのである。家康始め
多くの武将に激震が走ったのは間違いない。そして福島正則は兎も角として、黒田長政
はとても利発でしたたかさは群を抜き、更に小早川秀秋は、豊臣秀吉の正室・高台院の
下で兄弟のように育てられた。一般には北政所(きたのまんどころ)ねね様という通称
で知られる秀吉の正室だ。「北政所」と呼ばれた人物は歴史上では数多く存在し、彼女
以降ではこの彼女の通称で知られるようになった。この御寧(おね)の方は秀吉の親族
として豊臣家では重きをなし、小早川隆景と養子縁組した後には、関ヶ原の戦いで徳川
家康の東軍に寝返りを勧めた歴史を変えた人物だ。織田信長の家臣・木下藤吉郎(豊臣
秀吉)に嫁ぐ際、実母・朝日に身分の差で反対された。が、兄の家定が自ら秀吉に養子
縁組すると諭したため、無事に嫁いでいけた。杉原定利という武将の朝日殿の次女とし
て産まれたが、すぐに浅野長勝の養女になっていたからだ。秀吉が関白になり、晴れて
従三位に叙せられ、北政所の称号を持った。この天下人の妻として、北政所の名が高く
評価されたのは、朝廷との交渉を一手に引き受け、後陽成天皇は聚楽第に行幸し5日後
無事に還御した行為からだ。この事で諸事万端を整えた功で北政所は破格の従一位に叙
せられた。しかしこれが立花氏には不運だった。朝鮮の役とされる文禄2年(1593年)
からの文禄・慶長の役が起こるが、秀吉は前線へ補給物資輸送の整備を行って、名護屋
から大坂・京への交通に秀吉の朱印状を必要とさせ、京から名護屋には豊臣秀次の朱印
状、そして大坂から名護屋への交通には北政所の黒印状を必要とする体制を築いたから
だ。

34名無しさん2021/01/18(月) 18:36:33.72ID:5XcddCOu0
 ここに家康の一つの苦悩があった。蜂須賀氏が用いる家紋は二つある。足利義昭から
正勝が賜ったとされる桐紋を、主君羽柴氏の家紋を憚って、転じた通常の柏紋。そして
平氏打倒の挙兵の際に 源頼政が高倉王(以仁王)より賜ったという万字(左万字)で
特別に崇められた伝統ある家紋だ。何れも源姓を由来にする家紋で、特に万字紋では、
摂津源氏頼弘流を示すものであるとされる。この蜂須賀氏などの美濃国に接する尾張国
海東郡蜂須賀郷(愛知県あま市蜂須賀)を始め、領した国人衆の多くが神聖な太守と仰
ぎ見ていた岐阜が、易々と黒田長政と福島正則の手に簡単に墜ちたのである。家康始め
多くの武将に激震が走ったのは間違いない。そして福島正則は兎も角として、黒田長政
はとても利発でしたたかさは群を抜き、更に小早川秀秋は、豊臣秀吉の正室・高台院の
下で兄弟のように育てられた。一般には北政所(きたのまんどころ)ねね様という通称
で知られる秀吉の正室だ。「北政所」と呼ばれた人物は歴史上では数多く存在し、彼女
以降ではこの彼女の通称で知られるようになった。この御寧(おね)の方は秀吉の親族
として豊臣家では重きをなし、小早川隆景と養子縁組した後には、関ヶ原の戦いで徳川
家康の東軍に寝返りを勧めた歴史を変えた人物だ。織田信長の家臣・木下藤吉郎(豊臣
秀吉)に嫁ぐ際、実母・朝日に身分の差で反対された。が、兄の家定が自ら秀吉に養子
縁組すると諭したため、無事に嫁いでいけた。杉原定利という武将の朝日殿の次女とし
て産まれたが、すぐに浅野長勝の養女になっていたからだ。秀吉が関白になり、晴れて
従三位に叙せられ、北政所の称号を持った。この天下人の妻として、北政所の名が高く
評価されたのは、朝廷との交渉を一手に引き受け、後陽成天皇は聚楽第に行幸し5日後
無事に還御した行為からだ。この事で諸事万端を整えた功で北政所は破格の従一位に叙
せられた。しかしこれが立花氏には不運だった。朝鮮の役とされる文禄2年(1593年)
からの文禄・慶長の役が起こるが、秀吉は前線へ補給物資輸送の整備を行って、名護屋
から大坂・京への交通に秀吉の朱印状を必要とさせ、京から名護屋には豊臣秀次の朱印
状、そして大坂から名護屋への交通には北政所の黒印状を必要とする体制を築いたから
だ。

新着レスの表示
レスを投稿する